豆乳クッキーダイエットの効果 > 豆乳バナナダイエットのコツ

豆乳バナナダイエットのコツ

大豆や大豆製品が美容と健康によいことは広く知られていることです。

納豆ダイエット、豆乳クッキーダイエット、おからクッキーダイエットなどなど、ダイエットにも大豆製品が用いられています。

また健康のため、自家製酢大豆を毎日欠かさず食べている人もいると思います。

豆乳クッキーダイエットのように、大豆を使ったダイエット食品の人気が伸びているのですが、これらのダイエット食品はお金がかかるため、誰でもが簡単に試せるわけではありません。

「大豆がダイエットによいことはわかるけど、市販のダイエット食品は高くて続けられない・・・」という人は、家庭で手軽にできる豆乳バナナダイエットなどはどうでしょう。

前にも豆乳バナナダイエットについて紹介しましたが、ここでは豆乳バナナダイエットを成功させるためのコツをお話したいと思います。

まずおいしく飲むことができなければ続けられませんので、豆乳バナナをおいしく作るコツをお話しましょう。

使う豆乳は無調整豆乳が大豆成分の濃度が高いのでおすすめですが、豆特有の香りが苦手なら糖分を加えてある調整豆乳や抹茶などで風味をつけた豆乳飲料でもよいでしょう。

大豆の香ばしい風味が好きだ、という人なら、大豆から豆乳を手作りしてみるのもよいですね。

また作りたての新鮮なうちに飲めるのが自家製のよいところ。

鮮度が命の豆乳バナナは飲むたびに新しいものを作りましょう。

作り置きしておくと、色も茶色く変色し、栄養も低下してしまいます。

バナナの変色が気になる人は、ミキサーにレモン汁を小さじ1杯ほどたらして一緒に回すとよいです。

ビタミンCが加わり、豆乳の臭みも軽減されるので、おすすめですよ。

豆乳バナナダイエットを成功させるためには、摂取カロリーを減らして体重を落とすだけでなく、より健康なからだを作っていかなくてはいけません。

ダイエットを長期的に続けていると、どうしてもカルシウム不足になりがちです。

食事の中でひじきや小松菜などを積極的に食べるようにし、便秘を防ぐために海藻やきのこ類も食べるようにしましょう。
また豆乳バナナにはいろいろな栄養成分が含まれていますが、ビタミンB2、ビタミンDは含まれていないので、それを補うために納豆や貝類などを摂るとバランスの取れた食事になります。